新たな1年に向けて、こだわりの”仕事着”を手に入れよう。

日々の生活で身にまとうものは、自分の暮らしを豊かにするうえでとても大事なもの。自分が着ていて気持ちの良いものを身につける、それだけでその日のモチベーションは上がってくる。

仕事に打ち込むみんなは、自分の気持ちを高めてくれるスイッチになるような”仕事着”に何を着ているだろう。

働き方が多様化するこの時代。仕事着にも色んなタイプがあると思うけど、いつの時代も揺るがないのは、ジャケットとスラックスの組み合わせ、つまり「セットアップ」だ。

シャツとネクタイの組み合わせはもちろん、Tシャツを合わせてもキチンと感がでる。そんな万能戦士のセットアップ、デキる男ならこだわりの一着を持っていたい。

セットアップ、どう選ぶ?

こだわりの一着をどうやって選んだらいいだろう。多くのブランドが自身の世界観や強みとなる”色”をだしていて、それぞれの良さがある。いわばセットアップとは、ブランドのシグネーチャーアイテムともいえるだろう。

『AURALEE』(オーラリー)、「JOURANL STANDARD」(ジャーナル スタンダード)、「UNITED ARROWS」(ユナイテッド アローズ)。

多種多様なブランドがあって、それこそ有名どころから選んでいけば間違いないけれど、一筋縄ではいかないのがセットアップというものだ。

“サイズ感”と”デザイン”

あたりまえの話、と同時に一番難しいのがこの2つの要素、”サイズ感”と”デザイン”。近年のトレンドで、オーバーサイズの着こなしも市民権を得たのは事実。でも「ジャケットは肩で着る」っていう言葉がやっぱり正解。

見た目はもちろん、ジャストサイズのジャケットは動きやすさが抜群だからフラストレーションもたまらないというもの。とはいえ、「ジャストサイズのセットアップが見つからない…」っていうのもこれまた本音なんだろう。

肩幅が合っても袖が短い、ジャケットがぴったりでもパンツのウエストがゆるい、なんてこともしばしば。一般的なセットアップでは、上下をサイズ違いで買うのはまず不可能。となるとどこかの要素をあきらめるのはしかたなし。

そんなサイズ感と並んで大事にしたいものが”デザイン”。使い勝手抜群の無地、ちょっとこじゃれたチェック柄や、ビジネスライクなストライプ。何を選ぶかで表情は全く変わってくるよね。

それ以外にもたくさんポイントはあって、ボタンの色やラペルの幅だって、セットアップの表情を作る大事な要素。

そのすべてを網羅した理想の一着なんて、そうそう出会えるものじゃない。もちろん合格点のものもあるけれど、オリジナリティも欲しいって思ってしまったり。

そんな悩みを持つ君へ。”選ぶ”じゃなくて”作り上げる”という発想はどうだろう?

自分の理想を詰め込んだ、こだわりの一着を作りたい。そんな人におすすめしたいのが、『UNBUILT TAKEO KIKUCHI』(アンビルト タケオキクチ)(以下、アンビルト)だ。

『UNBUILT TAKEO KIKUCHI』とは?

『TAKEO KIKUCHI』を展開するワールドグループから、2018年12月にスタートした新ブランド、それがアンビルトだ。

このブランドの一番の売りは、なんといってもオーダーのセットアップの幅広さ。カジュアルからビジネスまで、あらゆるシーンに対応したセットアップを用意していて、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができるんだ。

店内には24種類のサンプルをディスプレイ。ポリエステル素材のカジュアルなものから、イタリアの生地を使ったビジネス用のセットアップも取り揃えている。

これだけレパートリーがあれば、自分の好みや使いたいシチュエーションに合った素材がきっと見つかるはず。もちろん全てのサンプルでオーダーメイドが可能。

自分の体格に合わせて作るから、肩幅が広い、腕が長いといった悩みもまったくなし。一度店舗で採寸を行って、スタッフの方と相談しながら、パンツの太さや裾の仕上げなども自分好みに仕上げることができる。

ボタンを変えたり、裏地をちょっぴり派手にしてみたり、遊び心を忍ばせたオーダーもできてしまうんだ。自分の理想を詰め込んでいくこの工程、服好きにはたまらない瞬間だよね。

そしてこの工程を気軽に楽しめるサービスがあるのも、アンビルトの強み。ウェブサイトではデジタル技術を活用したカスタム体験ができ、着せ替え感覚で気軽に自分好みのデザインを試すことができる。

ここで色々なパターンを試すことができるから、実際に作るときのイメージもばっちりだ。どんな一着が作れるか、試してみる価値は大いにあるね。

中には「オーダーメイド」って言葉に少し壁を感じる人もいるかもしれない。でもそんなに構える必要はないんだ。

まずは店舗に足を運んで、魅力を体感してみよう。きっと、みんなのこれまでの「スーツ屋さん」っていうイメージは覆されるはず。

店内には独自にセレクトされたシューズや文房具などのアイテムも売っているし、空間を贅沢に使った店内はセレクトショップのようだ。

友達や恋人と訪れてみるのもいいんじゃないかな。アンビルトで、「オーダーメイド」の新しいカタチを体験しよう。

自分だけの仕事着を。

数あるブランドから出されているセットアップにも、もちろん素晴らしいものはたくさんある。ただ、自分で「作り上げる」っていう選択肢も、みんなのファッションの幅を広げてくれるはず。

自分に馴染む気持ちの良い服装で、日々を楽しもう。

ブランド・店舗詳細

■UNBUILT TAKEO KIKUCHI

住所:東京都渋谷区渋谷3-28-15

時間:11:00~21:00

休み:不定休

HP:UNBUILT TAKEO KIKUCHI

2019-02-27|タグ:
チトセSNS更新中!
関連記事