いつもと違う旅がしたいなら、湯田中温泉とソラテラスはどう?

平成最後の夏が終わった。夏の気分が抜けてくれば、秋らしいことがしたくなる。

いつもの旅には少し飽きたし、ちょっと変わった旅をしよう。

みんな、湯田中温泉って知ってる?

 

– 1日目-

14:30 湯田中温泉に到着。

日本各地に素敵な温泉街は数あれど、20歳も過ぎれば有名どころは行きつくした感がある。

最近盛り上がってきている旅先は? と探してみたところ、見つけたのがここ「湯田中温泉」。

ここ数年で若い人が移り住んでいるらしく、なにやらポツポツと面白そうな店が集まってきているらしい。

場所は長野県。渋温泉郷と横並びにあって、東京からはだいたい車で3時間半ほど。

 

15:00 『CHAMISE』でひと休み。

湯田中駅から徒歩約2分の場所にある『CHAMISE』(チャミセ)。桃のフルーツドリンクは果肉がゴロゴロとしていて、それこそ桃をそのまま飲んでいるような感じ。

上品な甘さが口いっぱいに広がり、思わずニヤけてしまうほど。ドロッとしてゴロッとしているこの舌触りは、飲んでいるのか、食べているのか、分からなくなってくる。

天井が高く開放感のある店内だから、読書もはかどりそう。旅の始めにここへよって、計画を練るのはどうだろう。

17:00 『竜王 SORA terrace』にてサンセットを待つ。

『竜王 SORA terrace』(竜王ソラテラス)のロープウェイを使って、標高1,770mへレッツゴー。約8分間の移動を経て、急斜面にそびえ立つテラスへと到着。

少し早めに着いたら、すぐ近くにある『SORA terrace cafe』でドリンクを飲みながら待つのがおすすめ。色味のあるものは山の写真によく映えて、撮るのも楽しいよね。

日没が近づいてきたら、テラスから麓を眺めよう。眼下に美しいサンセットを仰ぎ見ることができる。

山々の間に沈んでいく夕日を眺めていると、東京で日々せわしなく動き回っている自分を振り返ることができて、少し肩に力を入れすぎていたことに気づく。

“日常”と”非日常”を対比して考えられるのが旅の良いところ。こういうときくらい、真面目になって自分を振り返ってみるのは、きっと良い機会だと思う。

条件が整うと雲海が発生するらしく、それ目当てで来た人も多いようだった。とはいえこんなに美しい夕日を拝めるなら、雲海が見れなくとも来る価値はある。

20:00 『あぶらや 燈千』のルーフトップバーで、ゆく先を語ろう。

夜間瀬川沿いに立つ旅館『あぶらや 燈千』の屋上にあるルーフトップバー『雪月花』。名前にあるとおり燈(あかり)にとてもこだわっていて、幻想的な光が僕らを優しく包む。

一杯飲みながら、僕らの未来を語ろう。

10年後は何をしてるのかなんて誰にも分からないことを、やけに生真面目に話してみたり。川のせせらぎと軽やかなジャズのBGMを聴くのが、なんともいえず心地が良い。

 

-2日目-

10:30 見惚れるような、プリンを食べる。

湯田中温泉に地産の素材を使った有名な土産物を作りたいという想いで始まった、『湯田中プリン本舗』。名物の湯けむり温玉プリン(¥400)には温泉卵が乗せてあり、温泉街ならではのグルメを味わえる。

11:30 ゴンドラで山頂へ。そして、志賀高原ハイキング。

昨日立ち寄ったチャミセでおじさんが、「志賀高原は日本のどこより空気が澄んでいるから、ハイキングがおすすめだよ」と教えてくれた。

そんなこと言われたら行くしかないと、湯田中から車を20分ほど走らせて到着。往復のペアリフト(¥1,800)を購入して、早速山頂へ。

あのおじさんが言ったことは正しかったと、山頂に降り立った途端に分かった。深呼吸をするだけで、体中の悪い気が抜けていく。

空気が澄んでいて見晴らしが抜群。気持ちいい晴天のなか、山の中腹へのハイキングも気分上々。あっという間の山下り。

13:00 〆には、美味しいご飯と、デザートで。

数々のクラフトビールを飲むことができる、『THE FARM HOUSE』。歴史のある洋館をリノベーションした店内は天井が高く、窓からは木漏れ日が差し込んでくる。

ビール屋特製キーマカレー(¥800)に、焼きチーズをトッピング(+¥100)で。旅の疲れを一瞬にして吹き飛ばす、店主のおばさんの愛情がこもった優しい味わいのカレーだった。

ほろ苦い味わいが印象的なティラミス(¥600)。しっとりとしたクリームの舌触りが、幸せの余韻を残す。あー、おいしかった。

また、旅に行こうよ。

1泊2日。ゆっくり気軽に楽しんでほしいから、あっちもこっちもと詰め込むことはしなかった。

友達と、恋人と、家族でも。みんなの大切な人と行ってほしい、1泊2日。

 

今回訪れた場所はこちら

CHAMISE

信州のフルーツをイメージして作られた店内。ウッド調の優しい内観で、リラックスしたいときにはぴったり。


アドレス:長野県下高井郡山ノ内町平穏2997-4

営業時間:11:30~18:30(LO 18:00)

定休日:月曜


竜王 SORA terrace

標高1,770mの雲の上に建てられたテラス。雲海発生率は67%を誇る。

雲の上にあるため、地上の天候は崩れていても、ここでは綺麗な山々の風景を眺めることができる。


アドレス:長野県下高井郡山ノ内町夜間瀬11700

営業時間:9:00~19:00

料金:¥2,300(大人、往復)

公式HP:竜王 SORA terrace


雪月花

旅館『あぶらや 燈千』の屋上8階にあるルーフットップバー。冬から春は、かまくらと掘りごたつで雪景色が。初夏から晩秋は、野点傘の下、日本の情景を畳でくつろぎながら味わえる。


アドレス:長野県下高井郡山ノ内町佐野2586-5

営業時間:20:00~23:00(LO  22:30)

定休日:不定休

公式HP:ルーフトップバー『雪月花』


湯田中プリン本舗

地元の信州産の飼料にこだわり、大自然で育った鶏から産み落とされたこだわりの卵を使用したプリン専門店。通常のプリンの他、湯けむり温玉プリン、プリンソフトクリームなどがいただける。


アドレス:長野県下高井郡山ノ内町平穏3151-1

営業時間:10:00〜17:30

定休日:不定休

公式HP:湯田中プリン本舗


東舘山ゴンドラリフト

志賀高原内にある東館山の山頂に行けるゴンドラリフト。東館山の展望台からは、長野市方面・北アルプス・北信五岳などを望める素晴らしい景観。


営業時間:9:00〜16:00

料金:¥1,800(大人、往復)

公式HP:志賀高原リゾートエリア


THE FARM HOUSE

志賀高原ビール直営のビアバーとダイニング。多国籍でオリジナリティーのある魅力的な料理の数々が並ぶ。

12種類の樽生ビールをはじめとして、玉村本店の清酒「縁喜」、ワイン、その他ドリンクを豊富に取り揃えたビール好きにはたまらないお店。

東京から車を運転して来るのをためらってしまう。。


アドレス:長野県下高井郡山ノ内町平穏上林温泉1403-2

営業時間:12:00〜23:00(月•木〜日)、17:00〜23:00(水)(フード LO 21:30、ドリンク LO 22:30)

定休日:火曜日


 

2018-10-10|タグ: , ,
チトセSNS更新中!
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。