「toff」な服装で魅せる、新しい春。

春を目前に、何かを変えてみたいという気持ちが芽生える。

そのきっかけは人によって様々。すべてのきっかけがポジティヴかと言われれば、そうではないのが悲しいところ。

この春から大学生を控え大学デビューという初々しい理由もあれば、彼女に振られ心機一転、見違えた自分になってやろうという理由も。

すべての人に共通して言えることは、みんな、前を向こうとしていることだ。

前回の記事でヘアスタイルを変えた2人は、ヘアスタイルだけでなく表情もすっきりとして印象がグッと良くなったし、なにより、彼ら自身に自信が湧いているように見えた。

やはり、イメチェンの効果は絶大らしい…。

なんてことを思っていた手前、どうやらヘアスタイルだけではなく、勢いに乗ってファッションもイメチェンしようとしている様子。

彼らが降り立ったのは、渋谷駅から東急東横線に揺られ7,8分ほどの場所にある、学芸大学駅。

ヘアスタイルはばっちり。残すはファッションだ。

先日、ヘアサロン「GRADUATE」のカイトさんに切ってもらった。長くて重かったあのヘアスタイルともおさらばし、視界は良好。

不思議と背筋も伸びた気がするな。髪を切るだけで見た目も気持ちも変わったように思う。

今日はこれから高校時代の先輩じっちゃんと合流して、五本木にあるセレクトショップ「toff」で服を買う予定。楽しみだ。

先日、清澄白河の「neu」でフェミニンなマッシュにしていただいた。

彼女に振られたときは目の前が真っ暗になって何も手がつけられなかったけど、これじゃダメだと思い持溝さんに切ってもらったのが幸いだったな。

今までになく調子がいいし、周りからの評価も上々。何かを変えるというとき、普段否が応でも目に入る自分のヘアスタイルを変えるのは一番効果がありそうだ。

今日は高校時代の後輩にっしーが無事に大学が決まり先日上京したということで、久しぶりに会うことに。

学芸大学からtoffに向かう途中の交差点でにっしーと合流。地図を頼りに駅から4分ほど歩く。

豆腐屋さんのお隣に印象的な木のマークが見えてきたら、そこが今回の目的地、toff。

Instagramでアカウントを見つけて、ぜひ一度行ってみたいと思っていたセレクトショップだ。

周囲と馴染みつつ独自の存在感をまとう白い外観が印象的。ちょっと勇気を持って店内に入ってみる。

「いらっしゃいませ。」

品のあるスタイリングで出迎えてくれたお2人。

雰囲気におされ若干表情がかたいが、見透かされまいとすまし顔で店内を観察。

『WESTOVERALLS』というブランドのデニムが店内左側にずらっと陳列され、右側には同ブランドのデニムジャケットやTシャツ、その他『S H』というブランドのアウター類や、『AURALEE』のボトムス等がある。

全体として上品で、質の良いアイテムが揃っているようだ。

かくして、にっしーとじっちゃんのスタイリングイメチェンが始まった。

じっちゃんのイメチェン – 爽やかなフェミニンさを活かす。

最初に担当していただいたのはtoffスタッフの岡本さん。フェミニンな雰囲気も活かしたいというじっちゃんに、意外なアイテムを提案してくれた。_

アイテムセレクト

アウター

WESTOVERALLS / 857B

¥28,000(税抜)

岡本さん
WESTOVERALLSの定番のGジャン。広い身幅と短めの丈が特徴的です。過去の名作を現代風にアップデートした、不要なものを削ぎ落としたモダンな面が魅力ですね。

ボトムス

WESTOVERALLS / 803W

¥19,000(税抜)

岡本さん
WESTOVERALLS定番の5POCKET DENIM TROUSERSより、ワイドシルエットが魅力的な803W。穿いた時のシルエットを重視し設計された作りで、ワイドとはいえ太すぎない形が良いバランスです。

シャツ

S H / SH-GMBT-001

¥24,000(税抜)

岡本さん
フランスから見たアメリカをテーマにしたブランドで、こちらはアメリカの某名作シャツを元ネタに制作されたシャツ。モダンな面構えが非常に魅力的。使用しているライトブルーは今季ならではのカラーです。

バンダナ

WESTOVERALLS / WEST’S PAISLEY BANDANA 

¥2,000(税抜)

岡本さん
脱ぎかけの女性など、オリジナルのプリントが載せられた「らしさ」溢れるバンダナです。発色の良いカラーリングで、差し色使いにもおすすめのアイテム。コーディネートにマンネリを感じたり、ちょっと幅を広げたい方にぜひ使っていただきたいアイテムです。

スタイリングが完成

岡本さん
彼を最初に見た時に、独特な雰囲気のある人だと思ったので、個人を活かすスタイルを意識。なので、テーマとしてはシンプルに。春らしいカラーを使うこと。ただ、ガラッと雰囲気を変えること。けど似合っていることを意識しました。

デニムのセットアップ…新しい…新しすぎる!

セットアップはしてみたかったけど、まさか初のセットアップがデニムになるとは思ってもいませんでした(笑)。

正直、セットアップを試着するのって恥ずかしくて思いとどまってばっかりなんですけど、

今回このような機会をいただいたおかげで、一歩踏みだせました。

toffさんの協力がなければ今回のスタイリングには一生出会えなかったと思います。感謝しかありません。

にっしーのイメチェン – ちょっと大人な雰囲気で。

次に担当していただいたのはtoffスタッフの鈴木さん。ちょっと大人に背伸びしてみたいというにっしーに、上質なアイテムを提案してくれた。_

アイテムセレクト

アウター

S H / SH-USWP-01

¥38,000(税抜)

鈴木さん
USの名作フライトジャケットのデザインをシャツに落とし込んだアイテムです。元ネタはジップアップですが、そのニュアンスを出すために敢えて比翼仕立て。ハリ感のあるシャツ生地を洗いにかけ、新品の状態でちょっとくたびれている(でも上品な)雰囲気が特徴的な一着。接着芯を使わず、代わりにシャツで使われているのと同じ素材を芯として一枚挟んでいます。「パリっとせずにヘロっとしたい。元々地厚な生地なので、洗いこんでもしっかりしてる…」デザイナーの関氏が理想とする独特な仕上がりになっています。

ボトムス

AURALEE / HARD TWIST GABARDINE SLACKS

¥30,000(税抜)

鈴木さん
超長綿を強撚した極細の糸を更に特殊な加工を施し、織りあげたコットンギャバジン。仕上げでさらに洗い込む加工を施しているため、綿とは思えないトロンとした落ち感と滑らかさ、ほどよい光沢感が特徴的。ウールや麻に比べると格段に柔らかく、味がでやすい素材なので、ガシガシというと語弊がありますが、しっかりと穿き込みたい一本です。

シャツ

JAN MACHENHAUER / Palmo

¥34,000(税抜)

鈴木さん
“着る人を美しく見せる服”を最も重要なアプローチとして捉え、身体と服のバランスを繊細に組み立て作られた建築的な物作りが特徴です。ロックミシンを使っておらず、脇などはすべて袋縫い、極端にステッチを排した作りやボタンは全て根巻きと職人の手仕事が光っています。ド・シンプルですが、その分カッティングの美しさや面白さ、ちょっとしたバランスの良さを感じて楽しむ、そんな一着。

シューズ

ptarmigan / SHERBET BOOTS SUEDE

¥29,000(税抜)

鈴木さん
イギリス製の名作ブーツが大好き過ぎるがゆえに、敬意をこめて新たに型を取って作った「ptarmigan」のオリジナル。同ブランドの真骨頂でもある”FREE LOCK / フリーロックシステム”とのバランス感が絶妙でモダンな一足です。

スタイリングが完成

鈴木さん
普段黒やネイビーが多いという彼の洋服に対する概念を少しでも変えたかったのと、若々しい彼を少し大人な印象にしてみたいというのが第一に。それゆえ、上品なとろみのあるパンツをベースに組んでみました。春先なのでトップスを明るめ(ペールトーン)にすることも考えましたが、あくまでも好きな色をベースに構成しています。好きな色を取り入れたことでの安心感? 安定感? は残しつつも、気持ち大きめなサイジングや同色の重ね着、インナーをチラッと見せる小さなアクションなど、”大人の余裕”を感じさせることを意識しました。

普段着る服は、全身を黒やネイビー系で統一することが多いので、今回履いた『AURALEE』のボトムスのような色味ははじめての体験ですごく新鮮でした!

襟付きのシャツも普段はTシャツばかりなのであまり着ることもなくて、袖を通すとなんだかそわそわしてしまいました(笑)。

でも、カチッとしたスタイルはどことなく春めいていて、こういうスタイルにも新しく挑戦してみようかな。

なんてたって季節は春だし。

イメチェンで、新しい風が吹く。

3記事でお届けした今回の特集「イメチェン」。いかがだっただろうか。

もう、春がそこまで来ている。このタイミングで大きな環境の変化がある人も多いはず。

そんな人にこそ、イメチェンをすすめたい。今回2人は大きく雰囲気が変わって、見違えた顔つきになった。

ここまで大きく変わる必要はないけれど、新しい年度が始まるその前に、何かを変えてみるのはどうだろう。

今回の記事がヘアスタイルやファッションを変えてみるきっかけになってくれれば、このうえなく嬉しいというもの。

5月になれば新しい時代が始まる。今こそ、イメチェンをするのに最もふさわしいタイミングだ。

さあ、勢いに任せて、いますぐ街へ飛びだそう!

toff スタッフ:岡本様

toff スタッフ:鈴木様

toff様、このたびはありがとうございました!

店舗詳細

■toff

住所:東京都目黒区五本木2-52-11

電話:03-3711-7795

時間:12:00~20:00

休み:水曜

HP:toff

 

2019-03-18|タグ:
チトセSNS更新中!
関連記事