藍染と過ごす休日。

まだまだ非日常な存在の藍染。

だから、チトセは藍染と日常をかけあわせてみた。

藍染と過ごすじっちゃんの休日を覗いて、藍染のスタイリングが日常にどうマッチしているかを見てみよう。

部屋にて。

藍染のアイテム:カットソー、ベスト その他:私物

休日はゆっくりと昼からスタートだ。

まずはテレビを見てみよう。何がやってるかな?

この前届いた雑誌でも読もうかな。

そういえば、桜が満開になったよな。散歩がてら目黒川に見にいこう。

げっ、目黒川めっちゃ混んでるじゃん。

インスタのストーリーってこういうときに役立つよなあ。

ゆっくりするには人混みは避けたいし、別の場所にするか。

おっ、多摩川がよさそうだ。

着替えて向かおう!

僕のワードローブ。全部藍染されたアイテムなんだ。

素敵だろう? 今日はどれを着ていこうかなー。

あれもいい。これもいい。

突然はじまる、1人コーディネイトショー。

服を合わせて何十分も経ってることってあるよね。

まだ決まらない(笑)。

服を選びはじめてそろそろ30分経つな。

誰かを待たせてるわけでもないし、まあいっか。

よし、これに決めた。

待ってろ桜!

いざ、多摩川へ。

藍染のアイテム:ジャケット、シャツ その他:私物

調べたら家から多摩川までは自転車で20分。

電車の方が楽だし早いけど、休日くらい自転車でのんびりと行こう。

わりと漕いだし、もうすこしで多摩川のはず。

多摩川到着。

ところで、桜はどこだろう。

あそこに桜がある。

人もあまり多くなさそうだ。

向かってみよっと。

今年初の桜にウキウキ。

自然に笑みがあふれる。

桜と藍染。

藍染のアイテム:ベスト、セーター、ボトムス その他:私物

ふぅ、到着。

桜並木を歩くのもいいけど、1本の桜の木を独占するのもいいよなあ。

みんなが行くから行くは、勿体無いことなのかもしれない。

みんなが行かない自分だけの場所を見つける。

それもまた一興なり。

満開の桜をパシャり。

でもインスタにはあげないぞ。

だって、みんなが来ちゃうだろう?

これは俺の桜だ、なんて。

スマホでも十分綺麗に撮れる時代にはなったけど、次はカメラを持ってこよう。

今この瞬間にしか出会えないものを残すなら、すこしでも美しく残してあげたい。

だから、カメラで撮ろう。

桜の下で地べたに座って雑誌を読む。

きっと目黒川ではできない。

ゆっくりとゆったりと。

これがしたかったんだ。

夕焼けに黄昏れる。

絵に描いたような夕焼けだ。

川面に浮かぶ夕陽。橋を渡る電車。

心地よいリズムで聞こえるガタンゴトン。

眺めているだけで落ち着く。

気づいたら、ふーっと、大きく深呼吸をしていた。

意識的にじゃなく、無意識に。

たまには喧騒から離れることも大事だよ。

そう、言われた気がした。

のほほんと夕陽に心奪われる。

ん? なにかし忘れてる気がするぞ…。

あ、洗濯し忘れてた…。

突然、現実に引き戻された。

コインランドリーの営業時間も迫ってるし、帰らないとな。

踵を返して、見慣れた風景へ帰っていく。

明日も藍染と過ごす。

どうでしたか?

まだまだ馴染みのない「藍染」。

いや、昔は馴染んでいた「藍染」。

僕らが勝手に忘れてしまった「藍染」。

でも、溶け込んでたよね。

非日常なんかじゃなかったよね。

僕はこの色が好き。

だからもっと日常で目にしたい。

少しでも藍染を近いものと感じてもらえたら嬉しいな。

みんなが藍染を思い出す日が近ければいいな。

そう願って、明日も藍染と過ごす。

2019-04-10|タグ: ,
チトセSNS更新中!
関連記事