【葉山】かわいい街並みを楽しむのんびりデート。

街を歩けばたくさんのカップルを見かける。互いが自分らしい生き方を持ちながら、2人でいればさらに魅力がひきたつような。

彼らはいったいどんな素顔を持っているんだろう。どんなデートをするんだろう。そんな疑問が沸いてくる。

そんな疑問を解決すべく、僕らチトセがデートプランを考案。カップルへのインタビューを織り交ぜながら、憧れのカップルの素顔を見ていこうというのが今回の企画。

そのデートプランとして今回紹介したいのが、「【長谷・七里ヶ浜】自由気ままにお散歩デート。」「【葉山」かわいい街並みを楽しむのんびりデート。」「【江ノ島】海を眺めてまったりデート。」の3つ。

たくさんの幸せにあふれたこの企画。ぜひ、たくさんの幸せを感じてほしい。読みきったとき、あなたが心に思い浮かべる人は、いったい誰なんだろう。

2組目のカップルは「あやか・まさやカップル」

2つ目のデートプラン「かわいい街並みを楽しむのんびりデート」を一緒に回るのは「あやか・まさやカップル」。

-本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします! 葉山に来るのが初めてなのでとても楽しみです。

-なんと! 初めての機会をチトセと巡ってくれてありがとう。それじゃあ初めての葉山デート、早速行ってみようか。

「inuit coffee」でのんびりスタート。

-2人の出会いは?

あやか:出会いはInstagramでした。お互いにアカウントをフォローしていたんですけど、偶然彼が九州出身だと知って、会話をしていくうちに、同い歳だったり同じ故郷だったり、趣味の写真や音楽、洋服、食べ物、ましてや使っている柔軟剤やコロン、首のホクロの位置まで同じだとわかって(笑)。だから、まだ会ったこともないのにすでに運命じみたものを感じてました。

-それは奇跡のようなお話…。そこから距離が近づいていったの?

まさや:それからは毎日のように寝る前に電話をして、朝まで繋げていることも(笑)。話が途切れなくて、毎日連絡しても苦痛じゃない。もしこの人と付き合ったとしたら、楽しいことや共通の趣味をもっと分かり合えるんじゃないかなぁと思うのは自然なことでしたね。

-まだ会ったことがないのにその空気感を感じられるのはすごいよね。

あやか:ただ、彼は東京、私は福岡という場所で。LINEで連絡を取り始めてからその3ヶ月後に、偶然にも私が東京に行く予定があったので、そこで告白しようと決意したんです。まだ会ったこともないのに、当日初めましてをしてから私が告白して付き合い、翌日から早速遠距離スタートというドタバタな始まりでした(笑)。

-いまどきというか、すごい展開だ! まさやさんも同じ気持ちだったの?

まさや:言われたときは正直驚きました(笑)。でも僕も彼女と同じことを思っていたので、よろしくお願いしますと返事をしたんです。

穏やかな時間が流れる葉山を散策してみよう。

-2人はなんと呼び合ってる?

まさや:あやちゃん、あやかですね。 気分で呼び方を変えています。

あやか:私は、まさちゃんと呼んでいます。皆、まさやくんと呼んでいるから私も同じ呼び方だと特別感がないので、気づいたらまさちゃん呼びになっていました。

海が見えるバス停から。

-今、2人でハマっているものは?

あやか:古道具屋巡りにハマっています。以前から、住むなら古道具のある暮らしをしたいとずっと考えていたんです。暮らしに溶けこむような温かいたたずまいが古道具の良さ、そして一点物という点にも惹かれました。早朝から蚤の市に並んで購入したり、もう2人揃ってどハマりしています。

-早朝から! そんなに人気なの?

まさや:朝の7時くらいから並び始めます(笑)。開店と同時に目当てのお店にダッシュしてなんとかゲットできましたけど、5分後には売り切れているような人気のものなんです。

-すごい! そんな裏話が(笑)。部屋のインテリアに相当こだわっているんだね。

あやか:そうですね。今は書斎部屋を大改造するために、彼が設計図を描いてくれて構想しています。どうやったら居心地のよい部屋を作れるか、あーだこーだ言い合いながら悩んでる時間がすごく楽しいんです。

小道を抜けると浜辺があるんだ。

-今後行きたい、もしくは今計画中のデート場所があったら教えてほしいな。そこには何があり、そこで何がしたいのか、知ったきっかけなどもあったら。

まさや:夏に四国旅をして、行き先を決めずに1周したいなあ。最近クロスバイクを購入した影響もあり、四国サイクリングがしたいです。

-サイクリングデート、良いね! どうして四国になったの?

あやか:まだ四国にいったことがないんです。あと、お互いに訪れる場所は穏やかな場所が好きなので、ネットや本などで調べた結果、四国になりました。島にはとても惹かれるものがあります。

小腹が空いたら「葉山旭屋牛肉店」へ。

-2人の定番デートは?

あやか:もともと彼が高円寺に住んでいたときに出会ったので、一番のデート場所でした。頻度は週4回くらい。古着屋や喫茶店、書店、路地裏でフィルムの撮影など、わざわざ電車に乗らなくてもその街で完結できたのが一番の良さだったのかなと思います。

-高円寺は魅力的な街だよね。なにか思い出はある?

まさや:帰りがけに2人で花屋に寄ったあとに、コロッケを買って食べながら帰宅するのが定番でした。だからこうしてコロッケを食べていると、あのときを思い出します(笑)。

-すごい偶然(笑)! 2人の雰囲気に合ったエピソードだね。

あやか:あとは喫茶店に行って、本を読んだり、お互い気を遣わずに自由に心地よく時間を過ごしていました。当たり前の日常だからこそ大きな幸せでしたね。人も街も温かくて、高円寺に居るとなんだか優しく見守られているような、心地のいい時間でした。

なんだかかわいい、葉山一色郵便局。

-2人の一番の思い出は?

あやか:初めて訪れた箱根旅行です。事前にサプライズでしおりを作っておいて、当日ロマンスカーの車内で渡したんです。何時の電車に乗って、何時にチェックインして、何を食べて、とあえて細かく書いたのですが、旅は予定通りに行かない方が楽しいのは最初から分かってたので、後からしおりを見返したときに箱根旅行の記憶が蘇ればいいな、という想いで作りました。

-あやかさんの愛情が伝わってくる…。

まさや:しばらく遠距離だったので、旅行をするのでさえも距離と時間を考えると一苦労でした。それも相まって、しおりを作ってきてくれたのはすごく嬉しかったし、とても幸せな時間でしたね。

あやか:先日、引越しの準備中に旅のしおりを見つけて見返す機会があり、一気にあのときの記憶が蘇って懐かしい気持ちになりました。作ってよかったなと思います。

良い天気なら、アイスを食べようよ。

-お互いのいいところはどんなところ?

まさや:遠距離をしているときも、同棲を始めてからも、日常の何気ないことを手紙や手書きのメッセージで伝えてくれるところです。直筆の手紙はLINEなどとは違い相手の想いが直接届く感じがします。仕事から帰ってくるとリビングの机の上に「お仕事お疲れ様」とメッセージが置かれていて、一気に疲れが吹き飛びますね。

-そういった気遣いが明日へのエネルギーになりますよね。あやかさんはどうですか?

あやか:彼は誰よりも「人想い」なんです。家族にも友人にも本当に優しく、悩みがあったりすると献身的に寄り添ってくれます。私はそんな姿勢と優しさに心救われた1人です。あとは、何事に対しても冷静で寛容なところ! 器の広さは見習いたいものです。

海が見える丘で、乾杯しよう。

ー長く付き合うための秘訣はなんだと思う? 一般的でも自分たちのことでも。

あやか:相手に対する感謝は忘れてはいけないなと毎日思います。たとえば、洗濯やその他の家事をしているとします。相手がしてくれることが当たり前に感じてしまうと、それもダメなんだと思います。だから、小さなことでも「ありがとう」と言葉で伝えることはすごく大切かなって。

-一緒にいるとどうしても忘れてしまいがちなことですよね。

まさや:仕事などで忙しいと、どうしても生活や相手のしてくれている感謝まで頭が追いつかない日もあります。でもそこは一端落ち着いて、相手の気持ちに寄り添ってあげることが大事だと思います。これは恋人だけのことに限らず、関わっているすべての人に対して通ずることじゃないでしょうか。

夕暮れの一色海岸に想う。

-最後に、2人にとっての理想のデートを教えてほしい。

あやか:将来、子供が出来て落ち着いたら柴犬を飼いたいね、とずっと前から考えているんです。柴犬を一緒に車に連れて海までドライブして、海岸沿いを彼と一緒に走り回れたらなぁと思っています!

まさや:この一色海岸もすごくすてきな場所なので、まさにこんなところで犬を連れて散歩したいなあ。

-ぜひ2人の理想のデートを葉山で叶えてね! 楽しんでいただけたようでなにより。今日はありがとう!

相手を想いやる。ありがとうの気持ちを大事に。

2人と葉山を一日回って、なんだかとても穏やかな気持ちになった。

お互いを想いやって、一緒に歩んでいく。ありきたりな表現かもしれないけれど、やっぱりそれが幸せってもの。

広い心をもって、日々を丁寧に生きていく。

その気持ちを忘れないようにしようって、2人は思わせてくれた。

そんな2人の雰囲気とマッチした今回の葉山デートプラン、いかがだっただろうか。

カメラを片手に、大好きなパートナーと、すこし気になるあの子と、のんびり行ってみるのはどうだろう?

きっと素敵な1日が過ごせると思う。

さあ、次は最後のデートプラン、江ノ島だ。どんなカップルが、どんな楽しみ方を見つけるんだろう!

店舗詳細

■inuit coffee roaster

住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内387

電話:046-874-9874

時間:平日 11:00 – 18:00 土日・祝日 9:00 – 18:00

休み:水曜日、第2・第4火曜日

HP:inuit coffee roaster

■葉山旭屋牛肉店

住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内898

電話:046-875-0024

時間:9:30~19:00

休み:水曜日

HP:葉山旭屋牛肉店

2019-09-16|タグ: ,
チトセSNS更新中!
関連記事