【君とフィルムと vol.1】スイーツシンドローム

あっという間に夏が終わって、秋が来た。

騒がしいハロウィンが終われば、息つくまもなくクリスマスだ。

四季は流れるように移り変わるけど、ひとつひとつの季節を大切に、楽しみながら過ごしたい。

秋といえば、読書の秋やスポーツの秋。とりわけみんながわくわくするのは「食欲の秋」だったりするんじゃないかな。

なんだかお腹が空いてくるこの季節、大好きな美味しいものに囲まれて過ごせたら素敵だよね。

これは、チトセがフィルムカメラで映しだす「四季と君との物語」。

秋晴れの空の中で。

この間まで着ていた半袖がいつのまにか着れなくなっていた。

生ぬるかった風が、心地よい冷たさに変わる。

毎年この時期になると、「食欲」という大波に飲み込まれる。

どうしてだろう、いつもよりたくさん食べれられる気がするし、美味しさだってピカイチ。

白いご飯もふわふわの食パンももちろん大好き。

でもどうしたってスイーツは永遠のアイドルなんだ。

大好きなソフトクリームがこんな大きさだったら、ぎゅっと抱きついちゃうに決まってる。

夏が過ぎたって、ひんやりしたソフトクリームへの熱い気持ちは変わらないんだ。

カラフルで大きいキャンディー、小さい頃は虫歯ができるからって食べさせてもらなかった。

でも、大人の食欲の秋はもう私だけのもの。

子どもみたいにワクワクしながら、虹色の甘さを味わってみる。

いつもは残してしまう映画館のポップコーン。

まるで何かに取り憑かれたかのように手が止まらない。

ひとつひとつ愛おしげに見つめてしまう。

あれ、あっという間に底が尽きそう。

大好きなドーナツ、欲張りすぎだって?

まだまだ足りない。全部私が独り占め。

甘い金木犀の残り香が、私の気持ちをそうさせる。

止まらない私の食欲。

突き抜けた秋晴れの空みたいに、どこまでも続いていきそう。

ああ、なんて幸せな食欲の秋。

私はもう、”スイーツシンドローム”。

チトセSNS更新中!
関連記事