【僕らがまだ知らない、沖縄の魅力 vol.1】夜の輝きと懐かしのドライブイン

みんなは「沖縄といえば?」と聞かれたら、何をイメージするだろう。

きっと、青い海や国際通り、美ら海水族館を想像する人が多いはず。僕らが知っている沖縄は、まだまだ有名どころばかりだ。

だからこそみんなに伝えたい。他の県にはない、そんなオリジナルな魅力個性が詰まった場所だと。

沖縄に住む僕らの友達アキヒデに、とっておきの沖縄スポットを教えてもらうよ!

僕らの友達について

■マサゴ アキヒデ

アキヒデは社会人になってから仕事をきっかけに沖縄に住み始めた。週末は愛車を走らせてカフェや雑貨屋を巡ったり、キャンプやサーフィンもしているんだ。

そんなこともあって、彼のおすすめのバリエーションは多岐に渡る。彼の頭のなかには、どんな素敵なスポットが眠っているんだろう。

1. 電照菊畑

 

この投稿をInstagramで見る

 

眞砂 亮秀 | MASAGO Akihide(@masagooooooo)がシェアした投稿

みんな、電照菊って知ってる?

2020年1月。新年の挨拶周りで田舎道をドライブしていたら、電球がズラりと並んだ畑が目に入ってきた。

「なんだこれ……。」

調べてみると『電照菊畑』という菊畑とのこと。どうやら、菊の開花時期を遅らせて美しい花を咲かせるために、夜中に花芽に光を当てているらしい。

ふむふむ。しかも、電照菊を見ながら併設のカフェでチルできる農園もあるとのこと。

「行ってみたい!」

そう思った僕はすぐに確認の電話をした。

那覇市内から車で北へ向かうこと1時間。突然、真っ暗な畑の中に光が見えた。あまりにも明るすぎるその光は、僕たちを迎えに来たかのように近づいてきた。

助手席に座る彼女が「えー! なにこれー!!」と言ったとき、さっきまで降っていた雨は晴れていた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

眞砂 亮秀 | MASAGO Akihide(@masagooooooo)がシェアした投稿

そこから1時間、僕たちは夜の畑ではしゃいだ。はしゃぎまくった。いい年した男女が夜中畑ではしゃいで。

帰り道それを思い出して、僕はニヤけたんだ。

南の島には、誰も思いもしないような広い菊畑があって、夜には明るすぎるほどの光で輝いている。

行ってみないと分からない景色や音、そして匂いがたくさんある。

沖縄はね、夏だけじゃなくて1年中、朝も夜もあったかいんだよ。

 

住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間

Instagram:@sunsetfarmokinawa

公式サイト:sunsetfarmokinawa.com

※営業時間や定休日などは上記Instagramや公式サイトの参照をお願いします。

2. シーサイドドライブイン

 

この投稿をInstagramで見る

 

眞砂 亮秀 | MASAGO Akihide(@masagooooooo)がシェアした投稿

休みの日、家で夕方までゴロゴロしてるのも好き。

だけど「ちょっとドライブしながらランチにでも行こうか〜」と、重い体を起こして、車を少し走らせるランチドライブなんてのも悪くない。

夕方まで寝ていようと決めた休日に限って、どうしようもなく食欲が湧いてくる。そんな風に、気づいたら車を走らせているときがある。

そんなときに高確率で行くのがここ、『シーサイドドライブイン』です。お店に行くと分かる。地元の人も観光客もみんなスープを飲んでいる。しかもそれが200円。

店内でサンドイッチを食べながらスープをすするオジー、オバー(沖縄の方言でおじいちゃん、おばあちゃんのことをこう呼びます) もいるけれど、ほとんどの人が持ち帰り。

車に戻り、iPhoneでYouTubeを観ながらスープを飲んでいるカップルもいる。んん〜、この感じ、たまらない!

そしてなにより、店内からの景色が素晴らしいんだ。青く広がる海を見ながら食事ができる。

 

この投稿をInstagramで見る

 

眞砂 亮秀 | MASAGO Akihide(@masagooooooo)がシェアした投稿

「この海の先には何があるんだろうね〜」と彼女が言えば、「こっちは東シナ海だから、先にあるのは上海とかだね」と僕が返す。「そういうことじゃないんだよな〜」なんてつぶやく彼女。

そんな話をしていたら、あっという間に時間が過ぎていく。

ちなみに、営業時間は8:00〜23:00。モーニングからディナーまでいけちゃうんだ。

沖縄初のドライブインレストランで時の流れを感じながら、地元のカルチャーを感じることができる場所なんじゃないかな。

重い体を起こして外へ行こう! ここでランチを終えて帰ってくる僕は、お腹からではない満腹感を感じて家へと帰ることができるんだ。

今日も幸せな気分をありがとう。

 

住所:沖縄県国頭郡恩納村字仲泊885

公式サイト:seaside-drivein.com

※営業時間や定休日などは上記公式サイトの参照をお願いします。

早く沖縄に行きたい!

アキヒデが紹介してくれたスポット、いかがだっただろうか。

僕らの知っている沖縄は、まだほんの一部分みたいだ。美しい海や観光名所だけじゃない、奥深い沖縄の魅力をもっと知りたくなってきた!

アキヒデは、次は僕らをどんな場所に連れていってくれるんだろう。

 

僕らの友達について

■真砂亮秀(マサゴ アキヒデ)

東京の大学を卒業後、仕事の関係で沖縄で暮らす。休日は愛車を走らせ、カフェや雑貨屋を巡ったり、サーフィンやキャンプを楽しんでいる。沖縄での暮らしを発信している彼のインスタグラムでは、写真や文章から彼がもつ独特の感性が感じられる。

Instagram:@masagooooooo

今回のシリーズをGoogle Mapにまとめていくよ。ぜひ保存して沖縄旅行の参考にしてみてね!

僕らがまだ知らない、沖縄の魅力|訪れた場所

記事の創り手について

サカモト タクミ – 取材・執筆

服や音楽、キャンプにバイク、興味のあるものは数知れず。”好き” と ”知りたい” の幅だけ人生は楽しくなる、そう考えています。読者の方にもそう感じていただけるよう、自分が好きと思うものはとことん、まだ知らないものはじっくりと、人生が豊かになるような記事を自分の言葉と感性でお伝えしていきます。

Instagram:@sktt99

SNSを更新しています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

チトセ 〜僕らが楽しく生きるためのウェブマガジン〜(@chitose_magazine)がシェアした投稿

Instagram

LINE

もし記事を気に入ってくれたら、URLやアカウントをつけてSNSにシェアしてくれると嬉しいです!

活動の励みになります。どうぞ今後のチトセにもご期待ください!

2020-05-15|
チトセSNS更新中!
関連記事