【シティーボーイ街道 vol.2】都会を忘れる、渓流釣りの時間。

シティーボーイになりたいボーイ、たくみ

僕の名前はたくみ。

シティーボーイに憧れ、シティーボーイとはなんたるかを日々探求しているが、なんだか空回りしている。

そんな僕に先輩シティーボーイたちがさまざまな助言を与えてくれるのが、この【シティーボーイ街道】という物語だ。

僕らが遊ぶとなれば、都内のおしゃれなカフェや、セレクトショップ、夜から気になるお店へ1杯飲みに…なんてことを考えるかもしれない。

でもたまには、都会の喧騒から離れた大自然のなかで、綺麗な空気を吸いたくなったりすることもある。

川のせせらぎや、古民家、新緑の木々を見るとなんだか懐かしい気分になったり、時間を忘れてぼーっとしちゃったり。

今回は先輩のじゅんじさんに、いつもとは一味違った土日の過ごし方を教えてもらったよ。

今週末は奥多摩で。

先輩シティーボーイ、じゅんじさん

連絡をもらった平日、ワクワクしながら準備を進める。週末、奥多摩で渓流釣りをしようとじゅんじさんが誘ってくれたんだ。

必要なものは特にないらしいから、服装だけを考える。

そして土曜日の早朝。集合場所の渋谷にて、じゅんじさんを車でピックアップ。 

渓流釣りと聞くと、長靴を履いて山奥に出向くようなものを思い浮かべるけど、どうやら釣り道具もすべてレンタルできるらしく、釣った魚をその場で焼いて食べられるんだって。

都内にそんな場所があるなんて知らなかったなあ。

1時間半ほど車を走らせると、車窓から見える景色もガラッと変わって。そこには7月の蒸し暑さも吹き飛ばすような、涼しげな渓谷があった。

秋川国際マス釣り場へ到着。

渓流釣りをするにあたって、まずはレンタルだ。車を止めて、少し歩くと受付の建物が視界に入った。

それにしても空気が澄んでいておいしい。1時間半車を走らせるだけで、こんな場所があったんだね。

受付で釣り竿などのレンタル手続きを終えると、小屋の脇から、川沿いへ降りる階段を進む。

もう1、2℃温度が下がったように感じるほど、気持ちの良いマイナスイオンが川沿いを包み込んでいる。

いざマス釣りへ

川沿いを歩く。自分たちの釣り場を決めたら、受付でもらったイクラとぶどう虫をケースから取り出し、針先につける作業だ。

これから始まる釣りに期待を膨らませ、「釣れますように…!」と想いを込める。

エサはどっちが釣れるんだろう?

「昨日は雨が降っていたから、川の流れが早いと思う。イクラは針から外れやすいけど、こっちの方が初心者は触りやすいからおすすめだよ。」とじゅんじさん。

少しだけ抵抗があったのもあって、まずはイクラをつけてみた。

エサを変えられるのも面白くて、岩陰など流れが早い場所へ投げるときにはぶどう虫、緩やかな川の中心付近はイクラが良いらしい。

普段はキャンプを趣味にしているじゅんじさん。こういうときにも頼りになるなあ。

谷底に流れる川幅は、7〜8mぐらい。THE・渓流って感じだ。期待を胸に躍らせながら川に向かって、釣竿を下ろしてみた。

「釣り糸の途中に赤いウキが付いているから、それがピクッと沈んだら竿をあげてね。」

雨上がりで川の流れもあるし、ウキが結構動いて見える。だから思ったよりも見極めが難しい。

そんなことを考えながらウキを見つめていると、徐々にノイズが消えてくるというか、感覚が冴えてくるというか。

普段の都会生活では味わえないような、自然と調和した感覚が、自分のなかにおりてくるのが分かった。

静かに、集中して。僕らは川面を見つめていた。

しばらくすると、じゅんじさんのウキがピクッと。

勢いよく引き上げると…

すごく元気なマスが釣り上がった!

1投目での幸先が良いあたりだったので、これにはじゅんじさんも思わずこの笑顔。

釣り上げたあとに、河原でピチピチと跳ねまわるマスをやっと捕まえた。

体長20cmほどで、その体の斑点模様と、ややうっすらとしたピンク色の体表が特徴だ。

春から、初夏にかけて旬を迎えるらしい。僕も釣りたくて次のエサを針につけ、川へ投げる。

入れた瞬間だった。

急に竿先が引っ張られ、少し上げるとブルブルと抵抗しているのが、竹竿の先から伝わってくる。

釣り上げた瞬間、思わず声を上げていた。

「じゅんじさん、釣れました!!」

やっぱり、釣れるとすっごく嬉しいな。

そのあとも僕らは、思い思いに釣りを楽しみ、1時間ほどで計8尾を釣り上げた。

さあ、次は釣った魚を焼いて食べよう!

釣ったばかりの新鮮な魚をいただくBBQ

釣り上げた魚を持って、BBQ場へ。思ったよりもハードルは高くないし、大満足の量を釣り上げることができた。

1匹も釣れなかったらどうしようと思っていたのは、杞憂だったみたいだ。

魚の内臓処理などの下準備は、施設側でしてもらえるから安心だった。

さっそく、処理をしてもらった魚に自分たちで串を打ち、火にかける。

串が通らない難しさに一喜一憂したり、塩を擦りつける一手間に苦労したり。

こういう作業を通して、食べ物をいただくありがたみを知ったり、料理が出てくるまでの過程を身をもって知ることができて。

単純に楽しいのはもちろん、とても勉強になる。

この時期のマスは旬なだけあって、脂が乗っていてとてもおいしいらしい。

脂が滴り落ちるマスを、くるくる回しながら焼いていく。こんがりと焦げ目がついてきたら食べどきだ。

自分で釣った魚を頬張るのは格別だ。外はカリッと、中はほくほくの川魚。

さっきまで目の前で泳いでいた魚を、大自然のなかでいただく贅沢さ。

川沿いにBBQ場があるので、川のせせらぎと、薪の燃える音に癒されながら、リラックスして食事を楽しめた。

たまには自然を楽しむ日を。

都心から1時間半ほど車を走らせるだけで景色は一変し、流れる時間もゆったりと穏やかになる。

釣りをしているときは、静かにウキを見つめながら、めまぐるしく過ぎる都会の日々を忘れたり。

川のせせらぎ、薪の燃える音、鳥のさえずりなど、河原を歩いた足の疲れさえも心地よかった。

都会の喧騒から離れた場所で遊び、五感をフルに使って楽しむ日を。

じゅんじさん、今日はありがとう!

シティーボーイへの道は、これからも続いていく。

僕らの友達について

■じゅんじ

Instagram:@jirukooo

今回訪れた場所はこちら

秋川国際マス釣場

昭和30年代頃の美しい清流のある緑豊かな自然を取り戻そうと、自然環境の保護に力を入れているマス釣場。豊かな自然に囲まれた、ゆったりとした雰囲気のなかで釣りが楽しめる。

住所:東京都あきる野市養沢1311

HP:akigawagyokyo.or.jp

電話番号:042-596-0568

※営業時間や定休日などは上記公式サイトの参照をお願いします。

※撮影時は一時的にマスクを外しております。ご来場の際は感染予防のため、マスク着用をお願いいたします。

 

2020-07-19|
チトセSNS更新中!
関連記事