【こんな朝があったなら。 vol.1】逗子にある、海の辺りのパン屋へ。

“早起きは三文の徳” ということわざがあるけれど、僕はこれまで早起きをして得したことがない。

平日は授業にバイトにサークルと忙しく、休みの日くらいは「起きるまで寝るんだ!」と自分自身に決意する。

目が覚め、時計を確認すると昼になっているのがいつもの流れだ。

普段の自分はそうだけど、今回は違う。なぜなら僕には、行きたい場所があった。

土曜日、午前8時。

カーテンの隙間から光が差し込む。5cmほど開けた窓の隙間から、朝の始まりを告げる鳥の鳴き声が聞こえてきた。

「8時か…」

眠いなとちょっとは思うけど、今日はウキウキとした気持ちで目を覚ました。

気になっていたあのお店に行けると考えると、自然と二度寝はしない。

クローゼットからお気に入りの1着を取り出して、いつもの自分らしい服装で。

ベルトを締めると、寝ていた体もやんわりと目を覚ましてくれた感覚がする。

身支度をぱぱっと済まし、家を出る。今朝の目的地は、逗子・葉山にあるお店『三角屋根 パンとコーヒー』だ。

最寄りの逗子駅に到着。

電車でまずは逗子駅に到着。そこからはバスに乗って、だいたい15分ほど。

東京とは違ってコンビニは少ないし、交通の便も悪い。でも、東京にはないその不便さがなんだか心地いい。

スマホの地図とにらめっこしながら目的地へと向かう。小旅行をしている気分だ。

考えごとをしていると、あっという間に目的地へと到着した。

『三角屋根 パンとコーヒー』は名前の通り “三角屋根” がシンボルで、ご夫婦で営むお店だ。

オープン直後だというのに、さっそく行列ができている。

お客さんは地元の方だけでなく、遠方から訪れる方も多いんだとか。

さっそく入ってみよっと。

ずらりと並べられたパンは、どれもおいしそう。パンを作っているのは、妻のゆかさん。

早朝から下準備を行い、おいしいパンを届けてくれる。コーヒーを担当しているのは、夫の一道さんだ。

豆の焙煎工程から行い、こだわりの一杯を淹れてくれる。

分業制で、一道さんがパンを作ることも、ゆかさんがコーヒーを淹れることもない。

一道さん・ゆかさんのご夫婦らしい阿吽の呼吸で、お互いが干渉することなく、それぞれの仕事に集中しているのが分かる。

「夫婦で一緒のお店をやる。なんだか理想的だなあ。」

中庭のベンチに腰を下ろして、朝の空を見ながら考えた。

考えごとをしていると、お目当てのコーヒーとパンが到着。

「きたきた…!」

友達がインスタグラムに載せていて、ずっと気になってたんだよな。

普段は勉強やらサークルやら、なにかと理由をつけて、気になるお店へ遊びにいくことは少なかった。

それが、空いていることが多い朝の時間を使うことで、僕は今日新しいことを1つできた。

先延ばしにしていたことを、朝の時間を上手く使うことで、できることがたくさんありそうだ。

良い朝のスタートを切って。

中庭というシチュエーションも相まって、ぜいたくな時間を過ごすことができた。

時計を見ると、ちょうど昼を回ったばかり。

いつもなら、スマホを見ながらそろそろ起きようかなんて思う頃だけど、今、僕の目の前には逗子・葉山の海が広がっている。

“早起きは三文の徳” とは、このことを言うんだな。

さて、今日はこれから何をしようか。

取材後記

お店に着くと、まず目を引くのが建物の三角屋根。専門学校時代から、ゆかさんが将来持ちたいお店(食パン専門店)のイメージにあったとのこと。

そんなゆかさん、実はコーヒーが苦手。それでも、あるお店のコーヒーはおいしいと聞いた一道さんは、なんと店員としてそのお店で働き、何が違うのか研究したという。

取材を通して一道さんは、ゆかさんの “感覚” を大切にされていることが段々と分かってきた。

パンもコーヒーも、ゆかさんの感覚に共感した多くの方が、このお店のファンになるんだろう。

お店の内装や販売しているお菓子は、一道さんの知人や友人に依頼している。

「そのモノのストーリーを語れないと、置かないようにしています」とこだわりを感じさせる一方で、「商売っ気がないってよく言われちゃう(笑)」と、笑顔で話してくれた。

取材中、1人のお客さんが入ってきた。恐らく常連の方だと思う。

取材を一時中断して様子を見ていたんだけど、お客さんと一道さんがお話しされているところを見ていると、とても温かい雰囲気で。

お客さんとのほどよい距離感も、この店が愛される理由の1つなんだろうな。

僕らの友達について

■伊藤大輝(イトウ ヒロキ)

Instagram:@ito__hiroki

今回訪れた場所はこちら

■三角屋根 パンとコーヒー

葉山にあるパンとコーヒーのお店。毎日食べていただけるシンプルなパンと、毎日飲んでいただけるコーヒーを作っています。

住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内1047−3−1033

公式サイト:sankaku-yane.net

Instagram :@sankaku.yane

※営業時間や定休日などは上記公式サイトの参照をお願いします。

記事の作り手について

■ヤマダ ユウキ – 取材・執筆

岐阜生まれ。あくせく働く25歳。服とコーヒーと筋トレが好きです。やさしいご縁に感謝して、日々感じていることを綴っていけたらと思います。

Instagram:@pochomukin4

■シミズ シュン – 撮影・編集

清水駿_シミズシュン_プロフィール画像.jpg (1659×1659)

チトセの代表と編集長、カメラマンを務めています。”僕らが楽しく生きるために” をテーマに、親しい友人から話を聞いているような、そんな等身大のメディアを目指して。「楽しいから楽しむのではない。楽しむから、楽しいのだ。」という言葉を大切にして、日々を生きています。

Instagram:@shun_booooy

SNSを更新しています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

チトセ 〜僕らが楽しく生きるためのウェブマガジン〜(@chitose_magazine)がシェアした投稿 – 2020年 8月月11日午前6時03分PDT

 

Instagram

LINE

もし記事を気に入ってくれたら、URLやアカウントをつけてSNSにシェアしてくれると嬉しいです!

活動の励みになります。どうぞ今後のチトセにもご期待ください!

2020-08-15|
チトセSNS更新中!
関連記事